News

パラワン不動産、起業情報ブログ

transportation1

POST DESCRIPTION

海外に行った際、近場の移動は大抵タクシーを使うと思います。
ここパラワンでは、つい今年になってタクシーが入ってきましたが、まだまだ20台程度といったところ。
はじめてパラワンに来る人にとって、市内の移動などは、何を使えばいいのか分からないと思います。
パラワンの移動は、トライシケルマルチカブが基本。
マルチカブは、大きめの窓のない乗り合いバスみたいなやつで、いかにもアジアの乗り物といった風情があります。
これは、8ペソ‐10ペソ程度と、最安の交通手段ですが、どの車がどこへ行くのか分かってないと乗るのはなかなか難しく、降りるタイミングも馴れるまでは分からないと思います。
トライシケルは、バイクを改造してサイドカー的な座席を付けたもので、至る所を走っています。捕まえるのも簡単。
ほとんどがホンダやヤマハのバイクを改造したもので、5人6人乗せて走っています。
乗り方は、タクシーの様に手を挙げて捕まえます。
で、行き先をドライバーに伝えて、ドライバーがokと言えば、そのまま乗り込むだけです。
目的地に着いたら値段を聞きますが、外人相手だと、遠かったとか、この辺はお客がいないからとか言って、大抵ぼったくろうとして来ます。
適正価格は、初乗り200メートル位までなら8ペソのみ。空港から市内のホテルなら、40-50ペソ程度。空港からロビンソン位なら、50-60ペソ程度です。
プエルト市内の移動で、100ペソ以上要求された場合は、明らかにぼったくりです。
払って、80ペソ位が妥当です。
因みに、トライシケルも、タクシーも、市内限定です。
アンダーグラウンドリバーやホンダベイ等、離れた所に行く場合は、バスかヴァンを使いましょう。
基本的に、他のアジア諸国と同じく、移動はとても安いです。
良いドライバーがいれば、連絡先を聞いておいて、一日300ペソとかで雇うのが一番安全で便利かなと思います。